お金を借りる

【教育ローン】必要な教育費はどのくらい?

投稿日:2019年5月27日 更新日:

教育資金は一体、いくら必要なんでしょう?

子どもが成長するにあたり、かなりの金額がかかるのが教育費用です。高校受験、大学受験のために通っている学習塾にも、私立の中学受験を目指して小学生から通う子供たちが増えているのが実情です。そして、学校の授業料や入学費用などのまとまったお金も必要になってきます。

子どもが生まれてから大学を卒業するまでにかかる教育費

幼稚園でかかる教育費

子どもが3歳になり、幼稚園に入るとかかるのが幼稚園の月謝。例えば、3人の子どもが3年間幼稚園に通った場合は以下の通りです。

1人目にかかる幼稚園代

月々36,000円で12か月分、年間432,000円。バス代が年間6,000円として合計すると438,000円。3年間にすると1,314,000円。いくらかの補助金が出たとはいえ、かなりの出費です。

2人目にかかる幼稚園代

3人目の子と2年間だぶったので兄弟児割引が適用。1年間は1人目と同じ金額の432,000円とバス代6,000円438,000円。2~3年間は月謝が半分だったので、月々18,000円。18,000✖12で216,000円(年額)バス代は割引ないので年間6,000円。222,000円✖2で444,000円。ということは、合計882,000円かかることになります。

3人目にかかる幼稚園代

なんと3人目は市から年間30万円の補助があったため、年間132,000円とバス代6,000円で138,000円。ということは、合計3年間で414,000円です。

3人分トータルすると、2,500,000円弱かかることになります。

国からの制度 ~児童手当~

児童手当

児童手当は、0歳から中学卒業(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している人に支給されるものです。

現在の月額支給額(児童1人あたり)は、児童の年齢や出生順に応じ、3歳未満であれば一律、1万5,000円、3歳以上小学校終了前は1万円(第3子以降は1万5,000円)、中学生は一律1万円になっています。

我が家の場合、1人目が生まれた時は一律5,000円だったような気がします。年々、見直しされているんでしょうね。

支給時期は、毎年6月(2月分~5月分)、10月(6月分~9月分)、2月(10月分~1月分)です。

毎年6月に出さないといけないのが「現況届」です。これによって、6月分以降(翌年5月まで)の手当の支給の可否等が判断されるので出さなかったら6月分以降の手当の支給が差し止められるので注意が必要です。我が家もこの児童手当があったからこそなんとか暮らすことができたんです。

1人目が幼稚園に入ると・・・毎月10,000円✖12で年間120,000円の補助。2人目も同じでした。3人目は毎月15,000円で、しかも3人目補助があったりと、本当に有難い制度でした。

小学校でかかる教育費

小学校は公立に通っているため、幼稚園時代に比べると学校にかかる費用はグッと減り、負担は軽くなりました。

小学校の教育費は月額8,000円ぐらいなので年間9万6,000円。習い事が月々5000円で年間60,000円。ということは、1人分で年間156,000円6年間分だとこれまた100万円弱ということですね。

3人分で300万円

中学校でかかる教育費

中学校は公立と仮定すると、小学校の時よりちょっと増額しますが、負担はそんなにないでしょう。中学校の教育費は、月額1,4000円で年間16万8000円。これに塾代が合わされるので、月額2万円で見積もって、年額24万円。ということは、1人分で年間408,000円3年間分でこれまた123万円弱

3人分で360万円

高校でかかる教育費

公立の場合だと月額2万円で年間24万円、習い事や塾費用などをあわせると、年間40万円くらい。3年間で120万円

私立の場合になると3倍ぐらいにはねあがるので、年間72万くらい。習い事や塾費用などをあわせると年間100万円3年間で300万円

高校生も国からの就学支援金が支給されるのでいくらかは補助されるでしょうが。

大学でかかる教育費

本格的にかかるのが大学に入ってからといえます。入学金の納付がある初年度は、私立文系で115万円、私立理系で150万円ぐらいのまとまった学資が必要と言われています。
大学4年間にかかる費用は、私立文型の場合で385万円。私立理系の場合は授業料や施設設備費が文系よりも高くなるので520万円ぐらい。さらに私立医歯系に6年間通うとなると2,300万円になるようです。

子どもの教育費だけでもこんなにもかかるなんて。大丈夫なんでしょうか。

【参考に】文部科学省の 平成28年度子供の学習費調査の結果について

世代別にみた教育費ってどのくらいなのでしょう?

世代別にみた教育費の事情

みんなどれくらいお金かけてる? ちょっと気になるお金事情 聞ける範囲だけど、周りのお母さんにちょっと聞いてみた! 1 いま、子供にさせている習いごと、月謝はいくら? 2 習いごとの月謝はいくらまで出せ ...

どうしても教育ローンが必要なのに、銀行から借りたくても借りれないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

①教育ローンを組みたくて銀行に行ったはいいけど断られた…②大手の消費者金融会社に申し込んではみたけど審査に通らなかった…など、悩んでいる方には朗報です!

どうしても教育資金が必要なときはこちらがおすすめです


■ いますぐお金が必要な方、少額希望の方

ココがおすすめ


令和カードのフリーローンは資金使途自由!融資額5万円から50万円。即日融資してくれる。WEB申し込みができるので全国24時間いつでも自分の都合のいいときに申し込みができる!少額希望の方はとてもおすすめ

令和カード(フリーローン)

令和カードのローンについて 令和カードの種類 フリーローン おまとめローン 不動産担保ローン 急に出費がある場合に即座に対応してくれるローンはフリーローンになります。令和カードの本社は東京になりますが ...


今すぐお金の必要な方はこちらからどうぞ


■ 数社から借り入れしている方、ローンのおまとめ・一本化を考えている方

ココがおすすめ


『令和カードのおまとめローン』は、他社の借り入れが3社以上あっても、できるだけ貸してくれる方向で相談にのってくれます。ローンのおまとめを考えている方ならとてもおすすめです。最高融資額は2,000万円です。ローンを一本化することにより今よりも毎月の支払額も減ることは間違いないでしょう。こちらは対応が早くて、申し込みしたその日にお金を振り込んでくれると評判です。しかもインターネットのWEB申し込みができるので全国24時間いつでも自分の都合のいいときに申し込みができるんです。

令和カード(おまとめローン)

令和カードが選ばれる理由 スピード審査で即日融資が可能 パート・アルバイトの方も申し込みOK! 担保・保証人がいりません 来店不要!日本全国どこからでもネットで申込みが可能 必見 複数の借入れを一本化 ...


他で借りていても大丈夫!おまとめローンで借りれるところはこちら


■ 他社からの借り入れが3~5件あるけど現金が必要な方

ココがおすすめ


『エコキャッシング』は、今すぐお金が必要なときにわりと審査が緩めでお金を借りることができると評判です。しかもインターネットのWEB申し込みができ、全国に対応しているのでどこからでも申し込みができ、WEB申し込みの場合、24時間365日受付可能です。審査の結果も2時間もかからずに教えてくれて即日、振込みしてくれます。

エコキャッシング

エコキャッシングのフリーローン以外は総量規制の対象外! エコキャッシングってどんな会社? エコキャッシングとは、株式会社UCSが取り扱っている融資サービス会社です。貸金業登録番号の(4)の表示があると ...



今すぐお金の必要な方はこちらからどうぞ

 

☆よければクリックで応援お願いします!


債務・借金

-お金を借りる

Copyright© どうしてもお金が必要!お金が借りれるところを探す , 2021 All Rights Reserved.