お金を借りる

リボ払いの残金が減らない

投稿日:2020年8月30日 更新日:

リボ払いするとどうしてもかかってくるのが手数料。そのために「毎月返済しているのに、なかなか減らない」といった現象がどうしてもでてきます。そんなときは・・・。

リボ払いの金額が減らないとき

繰り上げ返済とは?

リボ払いの繰り上げ返済とは、毎月一定額の支払いを行い、さらに上乗せして返済することをいいます

繰り上げ返済分は元金の返済にあてられる

リボ払いの手数料は毎月の決められた返済額に含まれているため、月々の返済額に上乗せする繰り上げ返済は、手数料が発生することなくすべて元金の返済にあてられることになります。リボ払いの手数料は、元金の残高に応じて決まるため、繰り上げ返済分が元金の残高から差し引かれることになり、繰り上げ返済をした後の手数料は、その元金減額分に応じて減額されることになります。

ATMや口座振り込みで繰り上げ返済をしてしまうと各金融機関等への事務手数料が発生することもあるので注意が必要です

繰り上げ返済のメリット

上乗せした分については手数料がかからず、返済した分は元金から差し引かれるので

  • ①手数料の負担を減らせる
  • ②支払い回数を減らせる
  • ③クレジットカードの利用限度額に余裕ができる

といったメリットがあります

①手数料の負担を減らせる

元金を減らすことにより手数料の負担が減ることになります。リボ払いは利用残高が増えるほど手数料の金額も大きくなってしまいます。手数料の負担をおさえることができれば、リボの返済から抜け出す見通しも立つでしょう

②支払い回数を減らせる

繰り上げ返済をすることにより月々の返済回数を減らすことができ、自ずと手数料の返済回数も減り、負担がさらに軽くなります

③クレジットカードの利用限度額に余裕ができる

もし、「カードが利用できなくなっていた」という方がいらっしゃいましたらそのような方の多くはリボ払いが上限に達してしまっていた可能性があります。通常、クレジットカードには利用者の信用度などに合わせて「利用限度額」が定められているため、ショッピング、キャッシング、リボ払いの総額が上限を超えてしまうとクレジットカードの利用ができなくなってしまいます。繰上げ返済することにより利用残高が減るので利用限度額にも余裕ができることになります

繰り上げ返済のデメリット

リボ払いの繰り上げ返済することは、元金を完済できる有効な手段ではありますが、手元のお金はなくなってしまいます。日常生活ができなくなるような金額で繰り上げ返済をしてしまうと家計を圧迫してしまうかもしれません。早く完済しようと焦らずに計画的にゆとりある返済をするようにするといいかと思われます

また、繰り上げ返済した月は二重負担になってしまい、残高の一部を繰り上げ返済した場合は、その月にいつもの一定額よりも多く返済したからといっても翌月の返済いが免除になったり極端に安くなったりするわけではありませんので注意が必要です

繰り上げ返済には2つの方法があります

繰り上げ返済方法

一部返済

一部返済とは、リボ払いの月々の返済とは別に、さらに金額を加えて返済することになります。上乗せ、増額払いといった呼び方をすることもあります

1,000円単位、1万円単位で返済できる場合や1円単位で返済できる場合もあるのでいくらの単位で増額できるかは、カード会社や返済方法によって異なります。

全額返済

全額返済とは、リボ払いの利用残高を一度にまとめて全額返済することになります。一括返済、一括払い、全額払いといった呼び方をします。リボ払いの手数料の年率は一般的に15.00%で金額は利用残高に応じて計算されることになり、利用残高をすべて返済する全額返済をすれば、その後に発生する予定だった手数料の負担をせずに済むという仕組みになります

リボ払いを繰り上げ返済する手続きと注意点

繰り上げ返済の支払方法

  • ①口座引き落とし
  • ②口座振り込み
  • ③ATM

手続きの仕方や返済金額などは各カード会社によって異なりますので事前に連絡しておくとスムーズでしょう

①口座引き落とし

月々に口座から引き落としされているリボ払いの支払いに、上乗せする形で返済する方法になります。月の締め日までにカード会社に電話もしくはホームページから申請をします

②口座振り込み

カード会社の口座に入金する返済方法となり、振り込み手数料が発生するので注意が必要です。カード会社に事前の申し込みをする必要がある会社が多いため、リボ払いを利用しているカード会社に連絡して繰り上げ返済をしたい旨を告げるといいでしょう。入金する口座番号をその際に確認して指定された口座に期日までに振り込むことになります

③ATM

金融機関やコンビニなどのATMからクレジットカードと暗証番号だけで返済可能です。口座振り込みや引き落としと違い事前の申し込みは不要となる会社が多いです。手数料はカード会社によって異なるため、カード会社に確認するといいでしょう。なお、支払い単位が1,000円や1万円などに設定しているカード会社もあるため、注意が必要です。

繰り上げ返済できなかったら任意整理も一つの手です

「リボ払いの残高がなかなか減らない」「でも現在の収入ではどうしても繰り上げ返済も難しい」という方もいらっしゃるかもしれません。無理に繰り上げ返済をしてしまってご自身の生活に支障をきたしてしまっては意味がありません

任意整理とは、裁判所を介さずに直接金融業者と交渉し、リボ払いの手数料などを合法的に免除してもらい、負担をおさえながら元金の返済ができるようにする債務整理の一種になります

専門家に相談を

専門家に相談することで解決するケースも少なくありません。周囲に相談できず、1人で悩んでいませんか?思い切って専門家に相談してみるのもいいかもしれません。借金の早期返済について正しい知識や方法など教えてくれるので、問題解決の糸口がみつかります

-お金を借りる

Copyright© どうしてもお金が必要!お金が借りれるところを探す , 2020 All Rights Reserved.