今すぐ借りれるところ/審査に甘くて借りやすいところ/債務整理できるところ/お金借りたいけど借りるところがないと悩んでいる方はいませんか?

どうしてもお金が必要!お金が借りれるところを探す

お金を借りる

個人間融資でしかお金が借りれない?

投稿日:2021年9月1日 更新日:

最近、ネット業界で目にする個人間融資、個人同士でお金の貸し借りをする闇の個人間取引のことです。インターネット掲示板やTwitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタ)、LINE(ライン)などでやり取りが行われています。冷静に考えれば、危険なこととわかりそうですが、どこからも借りれなくて困っているときには、どうしても甘い言葉に魅せられてしまいます。

新型コロナウイルスの影響で個人間融資の利用者が増加しているもの事実です。

個人間融資の掲示板で目にする勧誘の言葉

  • 10万前後貸します
  • どこからも借りれない人いませんか?
  • 安全な個人融資です
  • 金融ブラックでお困りの方いませんか?
  • ここなら絶対借りれます

お金に困っている時ってどうしても甘い言葉を見たら書き込んでしまうかもしれません。しかし、これを信じてしまったら、絶対ダメです!

まだあきらめないで下さい!個人間融資を利用しなくても、安全にお金が借りれるところはあります。もうすでに借金がある方もご相談ください。ここなら他で借りていてもまだ借りれる可能性は高いです。

必見 ほかで借りていても融資してくれるところがあります

借金があってもまだ借りれるのはコチラ

個人間融資の掲示板に書き込みをするとどうなる?

■ 個人情報を取られてしまうかもしれません

何回かやり取りをしていくうえで、免許証やマイナンバーカードなど顔写真が載っている個人を証明できるものの写メを要求されることもあります。そんなに簡単に、見ず知らずの人に個人情報を渡してはダメです。ネットが普及している現在では、とても危険なことです。

■ 先振込を要求されることもあります

融資の前に少しだけお金を振込んでもらいたいという人もいます。いわゆる、先振込といって、ハッキリ言うと詐欺の手口です。お金が必要で融資を受けたいのに、先に金を振り込めなんてありえません!そのような言葉には絶対に乗ってはいけません。

■ 利息がとんでもない金額になることもあります

掲示板に書かれてあった利息と違い、多額な利息での取引になったということもあります。

免許証やマイナンバーカードなどから、顔写真、住所、生年月日、勤め先などの情報を知られてしまったため、取引を止めようにも脅されて仕方なく借りたというケースも多々あります。

法務省所管の法律に、[ 利息制限法 ]というものがあります。異常な利息を取らない為の決まりごとで、法人に限らず個人同士の貸し借りであっても当てはまりますので参考にして下さい。

既に違法利息で借りた方は法律事務所への相談をおすすめします

 

既に違法な利息で取引をしてしまった方は、一刻も早く専門家へ問い合わせすることをおすすめします。こちらでは、本当に返せる金額だけを返すだけでよいことになるよう、あなたに代わって交渉してくれます。

『相談料は無料だし、本当に良い弁護士なのかどうか心配』という方は、匿名希望の方にも無料で相談に乗ってくれる法律事務所にとりあえず匿名で相談をしてみて、信用できるかどうか自分で確かめることをおすすめします。

違法利息で借りた方、まずはコチラにご相談を!

 

☆よければクリックで応援お願いします!


債務・借金

-お金を借りる

Copyright© どうしてもお金が必要!お金が借りれるところを探す , 2022 All Rights Reserved.