債務整理について

誰にも内緒でできる債務整理、借金を減らす方法

投稿日:

専業主婦で借金を抱えていた友人から聞いたことがあるんだけど。収入のない主婦でも借金を減らせる方法があるんですって!
それは興味深い話ですね。どういった方法なの?
月々の返済額を減らしたい場合は、裁判所を通さない任意整理が1番いい方法だとか。手続きも簡単だったそうよ。
でも、任意整理って家族に知られないの?借金って他の人に知られるのいやなものよね。

任意整理だと誰にも知られずに手続きすることができるみたいなの。主婦に限らず、誰でも借金のことはできれば誰にも知られたくないものよね。

誰にも知られずに借金を返済する方法があるんです!

お金に悩んでいる人ってたくさんいますよね。主婦の方でも決して例外ではないでしょう。借金の理由は人それぞれで、子どもの学費や生活費の補填などで借金を抱えてしまい、主婦の方は特に「旦那には借金を知られたくない」という方は多いようです。

そんな場合の借金の解決方法は、『債務整理』と呼ばれる方法です。債務整理には『任意整理・個人再生・自己破産』といったいくつかの手続き方法がありますが、内緒で借金を減額するには、『任意整理』という方法です。

任意整理なら、誰にも知られずに借金を返済できる可能性が高いでしょう

任意整理』とは、弁護士に依頼をして貸金業者と直接交渉をし、利息や遅延損害金(滞納してしまった場合の損害金)をカットしてもらい、残った借金を3年~5年の長期分割払いで返済していく手続きのことを言います。この手続きをすることによって、利息を支払う必要がなくなり、返済したお金はすべて元本に充てられることになるので、返済総額が大幅カットされることもあるようです。

任意整理をすすめる理由

  • 手続きが簡単
  • 貸金業者からの督促が止まる
  • 家族に知られるリスクが少ない

手続きが簡単なんです

任意整理は、裁判所を通さず「貸金業者と自分との借金減額交渉」になるので、わずらわしい書類の作成や提出などはほとんどありません。他の債務整理の手続きでは、裁判所などに提出をしなければいけない書類が数多くあるため、手間も時間もかかってしまいます。それに比べると任意整理の手続きはかなり手軽なものと言えます。

だけど、弁護士に頼むってことは弁護士に支払う費用がかかるんですよね。どのくらいかかるのかしら?

任意整理における弁護士費用の相場は、貸金業者1社につき「2万~5万円+成功報酬」程度のようです。

必見借金を減額したいと考えている方、無料で相談できるところはこちらです

貸金業者からの督促が止まります

「貸金業者からの督促」が気になっている方は、今すぐに弁護士や法律事務所に連絡をした方が良いでしょう。それは、弁護士に任意整理を依頼することによって最短即日で督促が止まるからです。任意整理を依頼することによってまず最初にしてくれるのが、貸金業者への「受任通知」の送付になります。

受任通知とは

弁護士が代理人となって任意整理の手続きを開始しますという告知文書のこと

受任通知を受け取った貸金業者は、債務者に連絡をしたり督促行為をしてはいけないという決まりがあるため、督促が届くことはありません。

任意整理をしても家族に影響はありません

「子どもに影響を出したくない」、「旦那のカードに影響が出るのは困る」など、家族への影響を心配される方もたくさんいらっしゃるでしょう。自分自身の任意整理で家族に影響が出ることはないようです。あくまでもカードの名義人だけを対象に任意整理を行うため、子どもの将来や旦那名義のカードにまで影響が及ぶことはありません。任意整理をすると、個人の信用情報機関にその情報が登録されてしまうので、自分自身はブラックリストに載った状態にはなります。

ブラックリストに載るってどういうことですか?

ブラックリストに載ると、任意整理をした本人に限って、約5年~7年は借り入れやクレジットカードの発行が制限されることになるようです。本人以外の家族の信用情報に傷がつくことはないので、旦那名義のカードや各種ローンへの影響も一切ないといえるでしょう。

弁護士との連絡を携帯電話だけでするといいでしょう

弁護士が代理人となった場合、貸金業者とのやり取りは全て弁護士が代行してくれることになるので、自分自身が貸金業者と直に連絡をとることはなくなります。しかし、代理人である弁護士とは、賃金業者に出す和解案の確認や諸々の進捗報告を受ける必要があるので、どうしても連絡をとる必要があります。その際、弁護士からの連絡は、自分が所有する携帯電話のみとして、あらかじめ連絡可能時間も決めておくと良いかもしれませんね。

必見親身になって相談にのってくれると評判!
借金のこと、匿名で相談できるんです!しかも無料なんです!

郵便物は弁護士保管か局留にするといいでしょう

弁護士事務所から郵送される郵便物によっても家族に知られてしまう可能性がありますので、郵便物は全て局留めで送ってもらうか、弁護士事務所に保管してもらい後日受け取りに行くことをおすすめします。弁護士事務所の名前を伏せて送ってもらう方法もありますが、もしも家族が間違って封を開けてしまうことも考えられますので、万全を期すためにも局留めか弁護士保管にするといいでしょう。

思い切って弁護士に相談することで、借金のお金の金利がなくなり、本当に返せる金額だけを返すだけでよいことになるように弁護士があなたに代わって交渉してくれます。『相談料は無料だし、本当に良い弁護士なのかどうか心配』という方は、匿名希望の方にも無料で相談に乗ってくれる法律事務所にとりあえず匿名で相談をしてみて、信用できそうな弁護士かどうか自分で確かめることをおすすめします

匿名による相談

本名、住所などは明かさずに相談できるので、借金で悩んでいる方は一度は試してみないと損です!無料で相談にのってくれ、その後、自分でどうするか決めることができます。「しつこく勧誘されることになったらどうしよう?」と思いがちですが、何も心配することはありません。迷惑なメール、勧誘の連絡など一切きません!

必見借金を減額したいと考えている方、無料で相談できるところはこちらです

-債務整理について

Copyright© どうしてもお金が必要!お金が借りれるところを探す , 2021 All Rights Reserved.